マックスオム 安全 GMP

マックスオムは安全な精力剤?GMP認定とは?

 

精力剤やサプリメントは直接飲んで身体に摂りいれるものなので、安全な製造方法で作られているのか、衛生管理はしっかりされているかという点は重要なポイントです。

 

ここでは、マックスオムの安全基準について調べてまとめました。

 

 

マックスオムはGMP認定工場で製造されている

 

GMPとは医薬品の安全・品質管理のガイドラインに準ずる基準のことです。

 

厚生省でも定められています。

 

マックスオムを扱う健幸生活研究社は、食品でもあるにサプリメントでもあっても、GMPという厳格な基準のもとに製造された商品づくりに取り組んでいます。

 

 

マックスオム生産工場の厳格さ

 

GMPは非常に厳しい審査基準です。

 

たとえば、工場の作業員が製造室に入るにはカーテンが二重に設置された通路を通らなければならない(防菌のための分厚いビニールカーテンのこと)、

 

全身に粉塵を落とすためのエアーを浴びなければならないなど、医薬品工場はもちろんのこと、健康食品であっても一流の工場ではこのようなことが厳格に行われています。

 

 

厳しいデータ管理と品質判定

 

マックスオムの成分規格が規定内におさまっているかのロットごとのデータ管理はもちろんのこと、たとえ同じロット内でも最終的に目視検査で合格にいたらなかったものは製造ラインでしっかり弾く。

 

マックスオムの公式メーカーといえる健幸生活研究社は徹底した品質管理に取り組んでいます。

 

最後は人の手でもしっかりチェック

 

健康食品にはもともと免除されている崩壊検査を行っているとしても(胃や腸と同じ同じ温度でちゃんと溶けるかどうか)、最後の最後は人の目で、鼻で、口で行う官能検査は大切です。

 

学術的なデータを駆使した上で、最後は私たちと同じ人間がチェックするのです。

 

マックスオムは安心安全も提供できるようしっかりと作られています。

 

 

GMP認定のまとめ

 

GMP認定工場なんていうと、イメージだけは凄そうな感じはわかりますが、しっかり掘りさげて考えることにより、その重要さがわかります。

 

サプリメントは健康に元気になるために飲むのですから、効能だけでなく品質の安全面も大切です。

 

精力剤を選ぶ際の基準の1つとして覚えておいて損は無いでしょう。